「御津日暮の家/豊川」断熱の中間検査
2020-05-28 · 【プロジェクト】御津日暮の家 [豊川]

「御津日暮の家/豊川」では断熱の中間検査が行われました。
これは、住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置でいう「質の高い住宅」に該当するかを審査機関に
確認していただくものです。

断熱検査
この「質の高い住宅」には断熱等級4以上の基準の他に、耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上又は
免震建築物の住宅、高齢者等配慮対策等級(専用部分)3以上の基準があり、断熱・耐震・高齢者のうち
どれか一つの基準を満たしていればOKです。

断熱の中間検査の主な検査項目は、設計通りの断熱材を適切に施工しているか、サッシやガラスも既定の性能を
満たしたものが使われているかで、完成すると見えなくなる断熱の施工状態を重点的に確認するそうです。

一般的には壁の断熱材を終えて壁下地のプラスターボードを施工してから天井の施工になりますが、
そうすると天井・壁どちらか一方しか見えない状態になりますので、検査のために大工さんに施工手順を変えて
対応していただきました。

おかげで天井、壁とも一度に確認することができます。

断熱検査,グラスウール
断熱工事も済み、内部の工事が着々と進んでいます。



2020.05.28 栗山祐子

 

豊橋、豊川、蒲郡、岡崎、豊田、設計事務所と創る注文住宅|有限会社 ディクタ建築事務所

有限会社 ディクタ建築事務所 / Dikta architects office

pageup