「東郷の家/新城」 第6案
2015-02-16 · 【新城・東郷の家】

新城市「東郷の家」

 
第1案                         第1案改(色と素材を検討)

「年代が高い方の住まい」との感想を受け、て屋根を一枚に変更。 和室からタタミコーナーに変更。

 
第2案                         第2案改(玄関周りのプランとデザインを変更)
 
タタミコーナーからフローリングに変更。 L字プランも受け入れていただけそうなのでその線でプランニングを検討。

 
第3案(L字プラン)                  第4案(面積縮小タイプ)

デザイン的にL字案もOKでしたが、プラン的にNG。。 第4案は面積を絞ったプランで提案。

第4案を元に、水周りのレイアウトと子供部屋のコンセプトを変えたプランで第5案を作成。

  
第5案A(屋根5寸勾配)         B(5.5寸勾配)            C(6寸勾配)

軒先の高さは低いのがカッコイイですから、出来る限り低く抑えたいところ。 2階の天井から屋根の高さを決めざるを得ませんので、低く抑えるには限度があります。 屋根勾配は5寸がベストと思っていたのですが、5寸・5.5寸・6寸を比べた結果、5.5寸でも良さそう。 5寸に比べて軒先が若干低くなります。6寸まで勾配を急にするとちょっと違和感を覚えそう。

野口の家の外観も好きとのことでシンプルモダン案も作成。 屋根形状の縛りがなくなった分、プランニングが自由になります。

 
第6案                          インテリアイメージ

白と黒のツートン+木目のアクセント。玄関と塀と建物の奥まった壁の3ヶ所使いでバランスと取っています。
インテリアは当初から白を基調としたデザイン。 安っぽくならないように、無機質になり過ぎないように 床と扉と家具の素材・艶・納まりに留意しながら設計を進めます。

4案・5案・6案、それぞれにメリットとデメリットがあり、 お客様にて検討いただいているところです。


2015.02.16 ディクタ建築事務所 原田久

 

「東郷の家(新城市)」竣工写真と作品の紹介をしています。
https://www.dikta.jp/work-detail.html?id=69



 







豊橋、豊川、蒲郡、岡崎、豊田、設計事務所と創る注文住宅|有限会社 ディクタ建築事務所

有限会社 ディクタ建築事務所 / Dikta architects office

pageup